[アニメ感想] 魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

  • 2008/07/17(木)

第3話 「ソラ」

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

(以下アニメやコミックス版のネタバレがあるかもしれません)











第3話のあらすじ、主要スタッフはNewtype (ニュータイプ) 2008年 08月号 [雑誌]Newtype (ニュータイプ) 2008年 08月号 [雑誌]Newtype 2008年 08月号[AA]から引用しておきます。

ソラたちは魔法研修で、初めての依頼を受けることになった。自信満々のほのみと浩二、心配性のひより、いまだ魔法が使えない豪太・・・・・・。それぞれが思惑を抱く中、ソラはとある旧家のお屋敷で暮らす依頼人、本橋真美のもとへ向かった。
脚本=山田典枝、演出=荒川真嗣、絵コンテ=小林治、作画監督=谷津美弥子
●ストーリー&感想

今回の話はコミックス版には無いアニメオリジナルですが、「同じ依頼を何度も繰り返す」という点ではコミックスの第2幕「破片と前兆」に近いかも。豪太の境遇に関しては、コミックス第1幕「上京と邂逅」をほぼ踏襲しているようです。

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

江ノ島で早朝サーフィンをする豪太。下北沢から江ノ島って片道1時間くらいかかる筈なので、朝食時間に戻ってきたということは、相当早い時間に出かけたってことかw
コミックス版との対比
コミックス版では、豪太が最初に魔法を遣ったのはサーフィンをしている最中となっている。更に、魔法遣いであることが判明したためサーフィンの選手登録ができなくなり、家庭も崩壊。アニメ版の豪太も魔法の能力を疎ましく思っているが、こういった背景があるからだろう。
魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

美瑛の友達・みちるにメールをしている最中、うとうとと眠ってしまったソラ。豪太の存在を思い出し、絶叫してベッドから飛び起きます。ピンクのパジャマがカワイイね。(*´Д`*)

ソラは年頃の女の子なんだし、豪太も同じ屋根の下にいるわけだから当然着替えるのかと思ったら、そのパジャマ姿のまま歯磨き&朝食。下宿2日目の朝から、完全にとけ込んでいます。

サーフィンから戻ってきた豪太を叱るのは白石沙織ちゃん(CV:高乃麗さん)。豪太担当の魔法指導員で誠一郎の叔母さんだ。
コミックス版との対比
コミックスの2日目の朝は、ソラと豪太の険悪な雰囲気から始まる。それは、研修1日目の帰りに豪太がソラのスカートをめくった件(パンチラ)、不可抗力とは言えソラの着替えを覗いてしまった件が後を引いているためだ。ガキっぽいところのあるコミックスの豪太と比べると、アニメの豪太は表面的にはかなり冷めている性格になっている。そんなわけで、豪太絡みのソラのパンチラとか着替え、入浴シーンは今後も期待できそうにないなぁ・・・orz
魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

朝食後、誠一郎はソラを連れて事務所へ。事務の手伝いをしている妙齢の女性は桃園風音ふねさん(CV:金月真美さん)。お互いに自己紹介を済ませた後、誠一郎は魔法の依頼内容の資料をソラに提示する。依頼主は本橋真美(55歳)で、依頼内容はいつもと同じ。魔法以来は審査があり、こういったケースは普通発生しないのだが、本橋は政治家や官僚の知り合いが多く、融通が利くらしい。肝心の依頼内容は金庫を開けることで、この界隈の魔法士は同じ依頼内容で全員呼ばれたことがあるとのこと。誠一郎は「ちょっと手強い常連さん」とソラに選択の余地を与えるが、ソラは「これも何かの縁」ということでこの依頼を受けることになった。さすが座右の銘がトライ&エラーのソラたんだw

一方、豪太と沙織ちゃんは喫茶店で魔法依頼の打合せ。気乗りしない豪太であるが、沙織ちゃんによると彼が魔法遣いであることを知ったのはごく最近らしい。しかも、魔法を一度も遣ったことがないらしい。

※EDのテロップでは「本橋真琴」となっているが、本編を見る限り「本橋真美」が正しい。
コミックス版との対比
前述したように、コミックス版の豪太はサーフィンの最中に空飛ぶ魔法を(無意識に)発動させている。後にも先にも、魔法を遣ったのはそれ1回限りだが。
魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

魔法局での講義を受講するため、ソラと誠一郎は電車で一緒に登校。二人が一つ屋根の下に暮らしているという事実は、今のところ他の研修生には内緒のようだ。

講義が始まるまでの間、ソラは同じ班のひより、ほのみ、浩二と今日の魔法依頼の実技の件でお喋りタイム。自信家の浩二とほのみは朝飯前と余裕綽々であるのに対し、ひよりは不安そう。そんなひよりの気をそらそうと、ソラは自分の魔法依頼の件を話すが・・・。

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

そこに講師の川田女史が登場。「依頼主と魔法遣いの間には守秘義務がある」と釘を刺す。更に、「今日は全員定時に出席ですね」という嫌みをチクリ。ソラたん、完全に目を付けられた模様。

講義が始まると、今まで街中で魔法を遣ったことがあるかを挙手で申告させされる研修生たち。ソラを含むほぼ全員が挙手するが、川田女史は早速ソラたんを指名。研修登録する前に遣った魔法の内容を説明するように求め、ソラは昨日街中で遣った魔法の件を語り始める。話ながら表情がコロコロと変わるソラたんカワユス。(*´Д`*)

そんで、依頼の無い魔法を遣ったことでお咎めがあると思っていたソラたんですが、研修登録前の魔法行為は原則違法の対象とはならないと聞いて一安心。(ここでAパート終了)

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

講義の合間の休憩時間。ソラはロビーのベンチでひよりとお喋り。ひよりは同じ班の寡黙なイケメン、豪太のことが心配らしい。昨日の実習で一人だけ魔法を遣えなかったこと、そして森下に狙われているらしいことを気に掛けているようだ。アッー!!www

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

魔法局での本日の講義が終了し、ソラは誠一郎と伴に依頼主・本橋真美の住む屋敷へGO。都心の一等地にある旧家の大屋敷になまら驚くソラであるが、本橋はメイドさん女性使用人と二人暮らしとのこと。

誠一郎が本橋に挨拶をした際、魔法依頼を行うのは研修生のソラであることを伝えるが、それを聞き本橋の表情に険が現れる。そして、ソラと誠一郎を蔵の中に招き入れると、金庫のカギをすぐに解錠するよう要求する。

それを聞き、ソラはカギを開ける魔法は簡単に出来ると言う。そして、鍵の無い金庫をなぜ閉じてしまうのかと質問するが本橋はスルー。ソラは魔法を遣い金庫を開けることに成功するが、金庫の中身を勝手に持ち出して蔵の外に逃走。屋敷の中庭で立ち止まると、追い掛けてきた本橋に対して「外に出て欲しい」と伝え、金庫の中身を返却。

本橋は受け取った品を再び金庫に戻すが、何と金庫は施錠できなくなっていた。愕然とする本橋に対して、ソラは移動の魔法(金庫を開ける魔法)ではなく、破壊の魔法を遣ったことを打ち明ける。依頼とは異なる魔法を遣い、あまつさえ「金庫の中に大切なモノなんてありません!一番大切なモノは本橋さん自身です!!」と説教をたれるソラたんが素敵すぎるwww

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

蔵の中から屋敷の一室に移動したソラ、誠一郎、本橋の3名。金庫の中にあったのは本橋の古いアルバムで、それをソラに見せながら昔話を始める本橋夫人。ソラを見る目が自分の孫娘を見るかのようだ。ソラの言葉や声は、ある意味、魔法と言えそうw
コミックス版との対比
今回はアニメオリジナルの話であるが、コミックスのソラも依頼主に説教したり(第2幕「破片と前兆」)、依頼主の要求を無視する(第3幕「失踪と独白」)といった、かなり暴走するキャラとして描かれている。一般的にこういった行為をすると読者や視聴者はドン引きするものだが、ソラに関してはそれが不思議な魅力となっているのもまた事実。特にアニメでは香菜たんの不思議な癒し系ボイスのおかげで、何をやっても許せてしまう。(;´Д`)
魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

豪太は最初の魔法依頼に失敗した模様。「自分は本当に魔法遣いなのか?」と半ばやけっぱちになりそうな豪太に対して、沙織さんは「間違いなくあなたは魔法遣いの血筋。人には運命を受け入れなくちゃいけない時もあるの」と説得する。その後のやりとりを聞いていると、どうやら豪太の父も魔法遣いとしてのスキルが高くなく、研修を途中で投げ出したらしい。アニメの豪太は父子の葛藤を主軸に話が進みそうですね。

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話

下北沢に戻ってきたソラと誠一郎。ソラは昨日駅前にいた女性シンガー(YASUKO、CV:笹生実久さん)を探すが、見つけられず残念そう。そして、魔法依頼で暴走したことを素直に謝るソラたんに、誠一郎も参ったやられたもうメロメロだぁ!!

●次回予告

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話
次回は7月23日(水)深夜3時から放送です!

〔予告ナレ〕
私、付き合った事とか無くて・・・いや、だから男の子の気持ちとかあまり分からなくて・・・
次回 「豪太」。回転寿司って、なんだか目が回るべさ。
たとえ放送時刻が変わっても、俺は生で見るよ!!

●提供テロップ

魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第3話
最近なまら暑いですね♢♢ 水分ちゃんと摂ってください。
来週のキーワードは『エンガワ』 かなより
香菜たんの直筆メッセージキタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ ッ ! 

【関連記事】
■ [アニメ感想] 魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第2話
■ [アニメ感想] 魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 第1話
■ 魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 コミックス第1巻を購入
■ 花澤香菜さんインタビューが掲載! ニュータイプ2008年8月号を購入
■ 声優アニメディア 2008年7月号を購入

当ブログの「魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜」関連記事を全てご覧になりたい場合はここをクリックしてください。

【関連リンク】
■ アニメ『魔法遣いに大切なこと 夏のソラ』 オフィシャルページ
■ 山田典枝魔法事務所受付 (原作者・山田典枝さんの公式サイト)
■ つちのこ準星群 (キャラ原案、コミック版作画のよしづきくみちさんの公式サイト)
■ 『魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜』キャストコメント到着! (プレセペ)
■ 魔法遣いに大切なこと (Wikipedia)
■ 美瑛町ホームページ (ソラの出身地・北海道美瑛町の公式サイト)
■ 山田典枝原作『魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜』の舞台探訪 (舞台探訪アーカイブさん)

にほんブログ村 アニメブログへ  人気blogランキングへ
 この記事を気に入っていただけたら、どちらかのバナーをポチっとお願いします♪

4047150738魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ (1) (角川コミックス・エース 209-1)
よしづき くみち

角川グループパブリッシング 2008-06-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B001AHAH50Fly Away
THYME

ジェネオン エンタテインメント 2008-08-06
売り上げランキング : 6328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜 第3話 「ソラ」

前回は怪しい箇所があったみたいですが今回は…

魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜 第3話 「ソラ」

魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜 第3話 「ソラ」感想。 魔法遣いの子は魔法遣いにならないといけないのかな? 公式あらすじ: 研修生...

魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜 第03話 「ソラ」

依頼人のハートをアンロック!

この記事に対するコメント

今回はソラたんの表情が本当にコロコロと変わって可愛すぎました(*´∀`)
依頼の仕事の時のセリフも素敵だったし・・・ソラたんとは是非ともお付き合いを(ry爆
最後の謝るシーンではグハッでしたwカワイイよ〜本当にw
香菜さんの直筆メッセージには感動しましたよ^^*暑さも吹っ飛ぶ勢いですw

>パンチラとか着替え、入浴シーンは今後も期待できそうにないなぁ
テレ朝ですからね。そういった描写はNGなんでしょうw

追伸
マホコトでも香菜さんは素晴らしい演技を発揮しましたが、問題のセキレイは反則でしたorz
可愛いなんて安っぽい言葉じゃ言いあらわせられない(*´A`)
「くーのお兄ちゃんに、葦牙になってください。」そういってキス(=婚ぐ)するシーンとか
鼻血が・・・w
というかね、香菜さんが「お兄ちゃん」を連発すると本気で萌え死にますw
三四郎さんも・・・三話目見たら感想をw

◆コマルさんへ
>テレ朝ですからね。そういった描写はNGなんでしょうw
テレ朝ってパンツNGでしたっけ・・・orz

>「くーのお兄ちゃんに、葦牙になってください。」そういってキス(=婚ぐ)するシーンとか
鼻血が・・・w
>というかね、香菜さんが「お兄ちゃん」を連発すると本気で萌え死にますw
今週はブラスレイターとTo LOVEるで香菜たんボイスを聴けなかったので
セキレイ第3話には期待しちゃうぞ!!wktk

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する